Read Article

道路不接続

道路不接続

建物を建築するためには「敷地は道路に接していなければならない」と、建築基準法で定められています。頻繁に「道路に接していないために、家の建て替えができない」というお話がありますが、現実の生活するのに支障なく道はあり、そこに不自由なく暮らしていても、建築基準法に定めるパターンの道路がない状態、なので「道路に接していない」と解釈している方がほとんどです。f3
崖で地下か上空から入らなければ家に入れないのなら別ですが・・・。そう考えると何かしらの道には必ずつながっているものです、矛盾がありますよね。そうやっぱりあります方法が。建築基準法第43条ただし書許可という法律があるのです。敷地が建築基準法上の道路に2メートル以上接していない土地であっても、特定行政庁が周囲の状況から支障ないと認めて許可した場合には、建築することが可能となります。これが、法第43条ただし書きの許可となります。

Return Top