江東墨田買取.com by fitone

江東区と墨田区、江戸川区の不動産査定ならお任せください。

はじめての方へ3

一括査定サイトの提示気金額に納得していない方必見
江東区、墨田区と江戸川区不動産の売買・買取に強い!江東、墨田地域密着地元不動産のネットワークをフル活用して不動産の買取をさせていただきます。名前の通り、地域密着ならではの経験と知識で専門スタッフがフットワークを生かしお客様のご要望に親身に対応いたします。 江東墨田買取専門.com by fitoneは名前の通りエリアを限定することにより集中して最大限のパフォーマンスでお客様の不動産買取りを実現する体制をとっております。 江東区、墨田区に売りたい不動産をお持ちの方又は不動産購入をお考えの方、お気軽にお問合せ下さい。

不動産業者どんな業者に依頼するのか?

不動産売却を成功させるには、適した不動産会社を選ぶのが必須、実際にどう業者を選べばいいのか?不動産会は同じように見えますが、その会社で得意分野が全く異なります。

不動産会社を分類すると

分譲不動産会社

マンションデベロッパー、主に居住用

マンションデベロッパー、投資用マンション

開発業者、大規模な土地区分や一戸建て分譲

建売業者、小規模開発など

買取と再販不動産会社

新築売れ残り物件の買取再販

中古物件の買取再販、リフォームやリノベーション後に販売

中古物件、土地の買取販売、現状のまま販売

中古物件、土地の買取販売、現状のまま販売

競売物件の買取販売 など

仲介不動産会社

売買物件の仲介

賃貸物件の仲介、管理

投資用物件の仲介

店舗、事務所、倉庫など事業用物件の仲介など

専門系、その他不動産会社

企画開発業務

不動産特定共同事業、不動産投資ファンド

オフィスビル、テナントビル、商業施設の運営

資産有効活用業務

不動産競売、任意売却専門

建築業者の兼業 など

不動産売却を考えた場合売却依頼を検討する業者は、売買物件の仲介業者です。

更に、売買物件の仲介業者の中で「土地、一戸建、中古マンション」など得意分野で分かれている場合もあります。

頭ではわかっていても十査定に違いを見分けるのは難しいかも知れません。ですが大事なポイントは不動産業者によってメイン業務が違うことと得意なことが異なるということ、どのような物件を取り扱っているの会社なのかをよく確認することです。

賃貸専門業者が土地や一戸建ての売買を取り扱うことに法律上の問題ありませんしマンション専門業者が土地、一戸建ての売買を扱っても問題はありません。また不得意に見える業者でも結果的にうまくいく事あると思いますか、
万全の策とは考えずらいのは否めません。仮に得意と思われない不動産業者が一連の手続きをこなせたとしても、本来得られる価格よりも市場の価格以下の交渉になってしまうかもしれません。また専門的であるいは経験値が必要とされることが不動産の業務は大変多いのです

・敷地境界の問題
・埋設管の問題
・地下の問題
・土地の権利関係の問題
・擁壁や法面の問題
・建物自体の問題
・道路幅の問題
・隣地とのトラブル

上記の問題を得意としていない不動産会社、新人、未経験者が対応しえるかと言うことにはかなりの疑問が生じます。不動産は移動する金額も大きいので、トラブルや問題はたいへん起こりやすく難解です。国土交通省がトラブル事例をデータベースでまとめているほどです。いざ問題が起こった場合に、不動産業者が責任を持つ業者ならよいのですが、責任を持たない業者も悲しいことですが多いのです。

間違えが無いのはマンション、土地、一戸建てを売却するのなら最低でも売買をメインに取り扱っている仲介業者を選と言うこと、そして最大に重要なのがその地域の取引に強い業者なのか、実績はあるのか?担当者の経験や知識は豊富なのか?地場に根付いた業者なのかがポイントになってくると思います。

 

貴方に最適な不動産業者とは

販売に熱心に取り組んでくれるかが会社の規模よりも大切です

新聞の折り込み広告、オープンハウス、オープンルームチラシ、ホームページ、など、購入を検討しているお客様へアプローチがされているか?目に見えて販売方法や販促活動がされていることは購入を希望される人へのアプローチに置き換えても同じじです。

地域特有の問題や諸事情に詳しい

売れ残る可能性が高いケースは遠い地域の業者が東京の物件を扱っても得意でないためなど無理があるケース。
地域に特化した売買データベースを独自でもっている業者が最適です。
さらに、地域の販売実績が長年続いているなども重要です。

熱心な対応、担当者のスキルは高いか

当然のことですが、担当者の熱心さで業務の進行も変わってきます。
経験があり何事も真摯に対応しす姿勢があるかが大切です。

メールの対応が悪い不動産会社候補から外す

大多数の方が物件を購入しようとインターネットを利用しています。
購入希望者と業者の連絡はスマートフォンなどの主にメールを利用しています。
メールの対応がよくない業者は、購入を希望している人達への対応も自然と悪くなります。※個人差があります。
極端な考え方をすれば、メール対応が良くない業者は販売への対応がスローなので販売力もスローと考えられてしまいます。
また、ホームページが古い会社や、時代に合っていないデザインのホームページ、また文章文字が極端に少ないホームページは信頼度が低いと考えてまちがえありません。

広告活動に柱があり営業姿勢良い会社

良いお客様を抱えている会社とはしっかりと営業出来ている会社。
そうした不動産会社は、物件を多くの良いお客様に告知することができます。
ですから金額も相場にそった適正価格になり、早期の売却が可能になってきます。

根拠のない高額査定と仲介手数料

注意すべきは査定金額が高い仲介会社、その高額査定に何の根拠もありません。最近では仲介手数料を安くしますを謳う会社も存在します。これは売却額が低いと意味がありません。重要なのは仲介手数料の額よりも、より高く、スムーズに売却するために、
しっかりとした販売広告活動や営業対応で取り組んでくれるのかということです。

 

依頼するなら大手業者がなのか、中小業者がよいのか?

必ず頭をよぎる問題かと思いますが、会社の大小の規模は依頼基準になりません。なぜ関係が無いかと言うと。
不動産会社を取り巻く環境の変化があげられます。不動産の流通システムが整備されているので業者間の情報に格差なくなっています。売却を依頼された不動産業者は、レインズという物件情報システムに登録をし、どの業者であっても物件情報を受け取ることができます。

不動産売却には3つの契約形態があります。

・専属専任媒介契約
・専任媒介契約
上記の契約形態の場合には物件情報システムへの登録義務が発生して
依頼をうけてから一定期間内に登録をする必要があります。

・一般媒介契約
上記は登録義務はありません。ですが実際のところ業者間では登録が通常となっています。このシステムがあるので売却を依頼する業者の規模の大小に関係なく、同じ条件で業者間で情報が公開されているが現状です。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ、ご依頼・ご相談は TEL03-5626-2050 までお気軽に。
お電話なら 山崎・小林・竹石 まで又は下記のフォームにご記入の上、送信ください。折り返しご連絡さしあげます。

・問い合わせフォーム






お名前又は業者様名※必須項目
メールアドレス※必須項目
電話番号※必須項目
郵便番号
都道府県
ご住所
ご相談内容※必須項目
お客様属性【1つを選択】※必須項目
希望ご回答方法【複数を選択】※必須項目
お問い合わせ内容※必須項目

スパムメール防止のため、下のチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。

※当社ホームページは全ページSSL化(常時SSL化)しております。
Googleはセキュリティ強化という点でホームページの全ページSSL化(以下、常時SSL化)することを推奨し、2018年7月24日(火)にリリースされたGoogle Chrome68以降より、常時SSL化されていないサイトについてはお客様の安全性において 「Not secure(保護されていません)」が表示されています。それに伴い当社では7月24日のGoogle Chrome68のリリースに伴って 江東墨田買取.com/fitone/ を常時SSL化いたしました。

こちらの記事もよく読まれています。

“東京商工会議所”

“東京商工会議所”

“フィットワン株式会社は東京商工会議所の加盟会社です”