Read Article

はじめての方へ2

売却価格はいくらにすればいい理想的なのか

いくらの金額で売ればいいのか、 あなたが仲介または買取どちらかで不動産の売却を進めると思うことです。その価格基準を知ることで失敗を未然に回避することがでます。

不動産価格はどのようにして決まるか

相場を基本として不動産の価格決まっています。次に建物や周辺環境、 景気などの様々な要因からも値段決定の要素なので、自分が購入した価格が基準になるわけではありません。中古物件には定価というものはありません。

不動産価格と言うものは決められた価格はないのです。ではどうして価格が決まるのかと言うと買いたい人と売りたい人のバランスにより価格が出来いる、需要と供給のバランスで決まっています。不動産種別も同じでマンションと一戸建てでは条件がことなりますが、基本的な考え方は同様です。

売りたいと言う人に対して 売りたい物件がたくさんある場合は過剰供給となり

・市場価格は安い価格になる

買いたいと言う人にたいして売りたい物件が少ない場合は希少価格となり

・市場価格は高い価格になる

国の基準には必ずしもあてはまらない

不動産価格は買いたい人と、 売りたい人の関係、需要と供給から成り立ちますが、 国や自治体が発表する公的な土地価格(路線価・公示地価・基準地価 (都道府県基準地価格)・固定資産税評価額) も一つの目安となります。ですが実際の取引ではあまりその価格に沿ったものにはなりません。理由としては、 公的な価格にはロケーションや日当たりなどの環境要素や建物、外観、内装、修復歴など価格に影響を与える重要な要素が入っていないからなのです。

では、どうやって価格を出せばよいの?

一番簡単でお勧めな方法は、周辺地域でのでの同程度の不動産販売事例を参考にしましょう。地域密着型の当社におまかせください。当社の簡易査定は当社においでいただくことなく気軽にメールでおおよその査定額がわかります 。江東区・墨田区に特化したデータベース不動産価格から計算させていただいたおります。さらに、 買い手の立場から近い条件の売り出し価格を参考にしてみるのも良いでしょう。

売却価格を決定する前に

査定価格の性質を知らなければなりません、不動産会社が提供する『査定』 について知ってほしいことが2つあります。

大きく分けると二つの査定方法があり、査定価格は方法によって金額がかわります。

・簡易査定 卓上査定・ネット査定と言われるもの

インターネット、お電話を利用して売却される不動産情報をいただき、簡易に査定します。当社保有の過去のデータを参考にして金額を算出しますので回答まで時間は掛からないのが特徴です。売却を検討しはじめた初期段階で地域の相場を知りたい方にお勧めです。ただし、建物の状態、その他周辺状況などをいっさい考慮していませんので、最終的な価格とし誤差が生じます。

・実査定 詳細査定・訪問査定

プライバシーに配慮した当社選任の査定担当者が現地訪問して建物の内装・外装の状態や設備などを調査して、査定価格を

算出いたします。査定担当者に直接に様々な質問ができるため、より性格で厳密な価格や売却の流れを知っていただくことができます。。当社の姿勢や担当者の対応、そして性格や相性もお伝えできると考えております。不動産を売却することが決まった方や積極的に売却を進めていきたい方に向いています。

※この2つの査定は全く内容が異なります。査定の精度が異なることをご了承ください。

失敗の可能性が高いのは査定額で業者を決めること

査定価格は業者によって金額が変わります。査定価格というのはあくまでも個々の不動産会社が立地や築年数、広さなどの条件から考えだしたこの価格でうれるだろう販売目安的な金額です。下記の様な要因がある不動産会社は弱気の金額を考えると思います。

・売却に慣れていない会社

・販売力がない会社

・地域に精通していない会社

こういった要因も査定額が変わってしまうのです。不動産会社の方針や性格もで査定額が変わる一つの要因になります。

楽観的と慎重派の2つの会社の性格です。

 

楽観的・・・高めの査定には希望的観測が含まれている。
慎重派・・・低めに査定する会社は堅実なタイプ。

 

極端な話をしますとその時々の会社の方針や性格によって査定額が変わるのは当然なのです。なので、一つの高額な査定額に興奮することは危険なことなのです。あくまで堅実にあくまでも参考価格として捉えることが大切です。

下記の言葉には要注意

「高値売却したします!」
「どこよりも高額売却を!」

などを頻繁に用いる会社には注意してください。。高い査定価格だけならいくらでも高く出すことが出来ます。その金額で売れる保証はどこにもありません。インターネットで何十社と言う不動産会社に一斉に査定依頼するサービス便利ですし否定はしませんが、そのあとの査定額には注意が必要です。

高くていいのは買取の場合だけ

複数の業者に査定依頼して一番高い査定だという理由で依頼するのは賢明ではありません。結果的に大幅に適正価格を下回る価格で売却することになったというお話をよく耳にします。売れないので金額を下げて再度売り出しを掛けることになり、 無駄な時間を費やしてもその過ぎた時間にも管理費は掛かってきます。

 

高値を謳う業者も注意することも分かるし、査定額は会社によって変わるいったいどこの査定を参考にすればいいのか

3ヶ月以内に売却できる根拠はあるのかを不動産会社確認しましょう。大事なのは依頼した会社が出す査定額の根拠を説明できる。この部分を注意してみてください。

不動産売却は最終的に売れなければ意味がありません査定は売却できるまでの一つの過程、参考情報に過ぎないことを理解しておきましょう。

Return Top