Read Article

道路に2М不接続

道路に2М不接続

建物を建築するのに大前提があります、それは「敷地は道路に接していなければないらない」ということ。建築基準法で定められているんです。頻繁に耳にする建築ができない原因はまずこれ。「道路に接していないために、家の建て替えができない」とかよく聞きますが、実際には現実の生活をおこなううえで支障なく道はあり、みなさんそこに不自由なく暮らしいらっしゃいます。ですかが建築基準法に置き換えると道路が無い状態となってしまうんです。f2
先程も書きましたが建物を建てるには、その敷地が幅4m以上の道路に2m以上接していなければならないことが建築基準法によって定められています(接道義務)。とうぜん条件を満たしていなければ、建築確認申請に許可がおりません。ここからが肝心、ですが前面道路が4m未満であっても、役所が指定した道路(42条2項道路)であれば、建物を道路の中心線から2m下げて建てることを条件に、建築が認められるんです。これを「セットバック」というんです。ではなぜそうなったかと言うと、二項道路(=みなし道路)と言われる道路があるんです。特定行政庁(=役所)が、都市計画法に基づき、市街化区域をどこにするか決めたのですが。その時すでに当然いろいろな場所に既に建物が建っています、敷地が接している道路も4m未満であったり、また、袋路を通ってでないと道路に出れない場合もありました。そこで、4m未満の道路でも建物を建てて良い道路と認めて、それを二項道路と名付けたんです。ということで建築することは可能なのです!ですが建築ができたとしても、敷地が狭くなってしまったり、いろいろなチェックポイントも当然ありますから十分な知識が必要なのはかわりありません。

Return Top